So-net無料ブログ作成
観劇(その他) ブログトップ

「サイド・ショウ」 [観劇(その他)]

10月1日にシアター1010にて開幕した「サイド・ショウ」を観てきました。

<キャスト>

ヴァイオレット・ヒルトン 貴城けい
デイジー・ヒルトン    樹里咲穂
ボス            大澄賢也
バディ・フォスター    吉田朋弘
ジェイク          吉原光夫
テリー・コナー      下村尊則

<アンサンブル>
石井雅登・岩本やよい・上野聖太・小野田龍之介・笠嶋俊秀・鎌田誠樹・白石拓也・白木原しのぶ・高田亜矢子・谷合香子・谷口ゆうな・田村雄一・本田育代・牧勢海・水月舞・山中紗希

一言で感想を言うと「楽曲が素晴らしかった」

1回聴いただけでも耳に残るメロディーが多かったです。

台詞がごくわずかでほとんど歌っているので聴いているこちらも息つく暇もなく観終わったという感じ。
良い意味で疲れました(笑)

実在した結合双生児のヒルトン姉妹の物語。

6月にこのミュージカルのライブを観に行った時、ヒルトン姉妹を演じている貴城さんと樹里さんがず~っとくっついているのでどうやってるの?衣装を縫い付けているのか?とも思ったほどにお二人が踊っていても何していてもぴったりとくっついているんです。

あれには感心しました。
今回の再演ではお二人のくっつきっぷりがさらにパワーアップしていたのではないでしょうか。

私は気付かなかったのですが、4日の公演では2回ほど離れそうになったようですが、樹里さんが貴城さんをぐっと支えて絶対離れなかったとのこと。(これは終演後のアンサンブルトークショーで聞きました)


この舞台のテーマの一部として


~普通って何だろう?~

ほんと、普通って何なんでしょうね。

~差別~

劇中で自分にとってはショッキングな台詞が2つありました。

人と人や人と動物でもいい、物事がうまく共存していくには己を認め自分と違うものをどう受け入れられるか、そしてどう生きるかが大切なんだと思わせてくれた舞台でした。

他にも見どころは衣装かな。

ヒルトン姉妹は1幕では7着の衣装、2幕では確か6着だったかな?

どれも可愛かったり、素敵だったり、とにかく華やか[ぴかぴか(新しい)]

それと、今回の歌ですごく感動したのがジェイク役の吉原さんの歌う ♪君を愛すべき人/きみにふさわしい男(You Should Be Loved)

吉原さんはこの前のレミゼのジャン・バルジャンで拝見していましたが、その時はよくも悪くもない印象でしたけど、今回のジェイクの歌声には泣かされました。

下村さんも少しふっくらされましたけど、その分歌声は声量があって ♪心の中で(Private Conversation)は迫力ありました。テリーの秘めた想いと心の葛藤を広い音域のナンバーで切々と歌いあげていました。


もしまたこのサイド・ショウの再演があるとして貴城さんと樹里さんのヒルトン姉妹を越える新ヒルトン姉妹って難しいでしょうね。

可愛くって綺麗でなにか特別な絆で結ばれているようなお二人を観ているだけで幸せな気分に浸れました。

[るんるん][るんるん][るんるん][るんるん][るんるん]


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:演劇

念願の和物 [観劇(その他)]

四季ファンの間ではもっぱら濱田さんの話題が集中しているので、私は下村尊則さんの次回出演作の話題を・・・

[ぴかぴか(新しい)]12月2日~11日、天王洲アイル・銀河劇場
『真田十勇士~ボクらが守りたかったもの~』

下村さん曰く・・「真田十勇士の一人でもなく...まさかの真田幸村でもありません」

どうやらあの歴史上の人物、徳川家康を演じられるようです。



☆ノクターン公演のお知らせのブログ
http://ameblo.jp/knocturn/entry-10991402057.html


退団以来ずっとやりたいと念じていた和物だそうです。

それと、150人程度の小劇場での和物も決まっているそうです。立て続けに和物ですか!

でも小劇場って限られているのでどのへんでしょうかね?

次の下村さんの舞台も楽しみです。


[るんるん][るんるん][るんるん][るんるん][るんるん]


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

こまつ座 第94回公演 『父と暮せば』 [観劇(その他)]

『父と暮せば』 井上ひさし・作 鵜山仁・演出

2011年8月17日(水)~24日(水)  紀伊國屋サザンシアター

出演:辻萬長(つじ かずなが)・栗田桃子

二人芝居です。

「原爆投下から3年後の広島で、一人暮らしの美津江(栗田)の前に突然父・竹造(辻)が現れ・・・」

このお話は原爆をテーマにしたお話。

何にも知らずに観たんですが、予想以上に泣いてしまいました。

美津江が何でそんなに自分の恋心をかたくなに押さえつけようとしているのか・・・観ているうちに理由がわかってきます。

そんな娘を心の底から幸せになって欲しいと願う父。

二人のやりとりが切なく明るくテンポよく進んでゆきます。

すごく良かったのでまた観たいと思ったんですが、時間的に行けず・・・なのでまたいつか再演されると思うのでその時はぜひまた観に行きたいと思います。


ところで・・・今さらなんですが、こまつ座ってどんな劇団?

井上ひさし主宰による井上作の戯曲のみを上演する劇団なんですね。

今年3月に観た「日本人のへそ」(場所:シアターコクーン) もこまつ座の公演でした。


CIMG3706.JPG




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

『ビクター・ビクトリア』  ル・テアトル銀座 [観劇(その他)]


第55回アカデミー楽曲・編曲賞受賞他6部門ノミネート
『ビクター・ビクトリア』

≪キャスト≫

ビクター/ビクトリア・・・貴城けい
キング・・・・・・・・・・・・・葛山信吾
トディ・・・・・・・・・・・・・・下村尊則
ノーマ・・・・・・・・・・・・・彩吹真央
マダム・ロジェ・・・・・・・伊東弘美
セルマー・・・・・・・・・・・美郷真也
ラビス・・・・・・・・・・・・・金澤博
スカッシュ・・・・・・・・・・友石竜也
サル・・・・・・・・・・・・・・長谷川大佑
リチャード・・・・・・・・・・石井雅登
カッセル・・・・・・・・・・・KENTARO

ところどころ笑えて楽しい作品でした。

この作品は少し前にたまたまテレビでジュリー・アンドリュース主演の舞台を放送していたのを観ただけ。
この時のジュディーがビクター/ビクトリアを演じたお歳が60歳?
でもそんなお歳には全然見えなくてもちろん歌声も素敵でした。

このビクター/ビクトリアに元宝塚の貴城さん。
ビクターになってからはさすがに元宝塚だけに男役がさまになってました。
かっこいい~

下村さんはゲイの役。手つきとかしゃべり方が本当にオカマみたいでとっても似合っていました。
演出家の浜畑さんに「母親のように、母親のように・・」と何回も言われたそうで、母性愛に満ちた世話好きのトディをご本人もとても楽しんでいるようでした。

下村さんのブログで、この舞台で人生初めての経験をされたようでして・・・それは何だろう?って思っていましたが、多分最後のシーンのアレかな?(笑)
あのシーンは(美川憲一か!)と思っちゃいました。

葛山さんはテレビでお芝居は拝見したことはありますが、舞台での歌声は初めて。
以外に歌えててびっくりです。(失礼ですよね。)

ノーマ役の彩吹さんは初めて拝見しました。ずっとテンション高いです。
でもレビューのようなシーンがありまして、歌とダンスに魅せられました。

伊東さんはパッと見、小林幸子さんのような雰囲気があります(笑)
いつも個性的な役が多いですよね。歌もどっしりとして安定感があるのでキャッツのグリザベラなんて出来そう。

金澤さんという方は見てすぐにわかります。かなり!大きい人(まいう~の石塚さんみたい)

石井雅登くんも少し背伸びしたような役を頑張ってやっていました。次々と舞台の予定もあるので順調のようですね。

それから最近密かに注目しているのが友石さんなんです。
やっぱり元四季でLKのシンバやアイーダのラダメスを演じていました。(四季時代の舞台は全然観てません)
声が良くって歌も心に響いてくるんですよ。
もっと友石さんの歌を聞きたいな・・・って思います。
(義理の弟にどことなく雰囲気が似てるし)


公演期間がもう少しあってチケット代ももう少し安ければまた観に行ってもいいかなあ。。。。



[るんるん][るんるん][るんるん][るんるん][るんるん]


追記:今日の公演にあの方のお姿を発見して、もうドキドキしてしまって最初は舞台に集中出来ませんでした。
現代に舞い降りた王子様はとっても穏やかでかっこよかったです。
オフのお姿を拝見出来たなんて幸せなひとときでした。
また明日からの舞台、頑張ってくださいね[るんるん]
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

東京ギンガ堂公演 音楽劇「百年の絆 孫文と梅屋庄吉」 [観劇(その他)]


CIMG2849.JPG

~革命は愛である。愛も革命である。~

紀伊国屋ホール

【キャスト】
梅屋庄吉:山口嘉三
孫文:張春祥
梅屋トク(庄吉の妻):米倉紀之子
宋慶齢(孫文の妻・宋家三姉妹の次女):王飛
宮崎滔天(革命家大陸浪人):大谷朗
沢村三千代(新橋芸者):黒田瑚蘭
宋躍如(チャールズ・スン・慶齢の父):山本まなぶ
萩尾裕介(Mパテ―商会・撮影技師):高橋和久
宋教仁(中国人留学生・「民報」編集長):山本悠生
梅屋梅子(庄吉とトクの養女)/弁士:舞山裕子
山田良政(革命家)/山田純三郎(良政の弟、満鉄社員):家紋健大朗
鍋島龍太郎(庄吉の幼馴染み・陸軍情報部):江森正明
西蘭(満州族の娘):由愛典子
書生:稲田琢
マカオの中国人達/清朝政府の軍人達:吉川哲矢


CIMG2851.JPG

劇団昴所属の山口嘉三さんは劇団四季の舞台でもおなじみの方です。

四季の舞台では「鹿鳴館」清原、「ウエストサイド物語」シュランク&ドッグ、「エクウス」フランク、「異国の丘」宋子明、「ハムレット」亡霊など結構出演されてます。

今回の役柄では四季の舞台では見られなかった明るいお姿が観られます。
私お恥ずかしいですが、歴史物にはかなり疎くて、孫文が生涯の約三分の一を日本で過ごしていたこと、梅屋庄吉の存在など初めて知りました。
梅屋庄吉という人物は映画会社「日活」の創始者であり、孫文と30年間の交流をし、さまざまな形で孫文を支えたという。

話が話だけに、常に「革命!革命!」とテンションが高いので仕事帰りの疲れた身の私には結構ハードな芝居でした。

紀伊国屋ホールは400席くらいの小さいホールなので、キャストの皆さんの台詞もしっかり聞こえました。

1人気になった方が王飛さん。
この方元劇団四季です。在団当時の日本名が飛田万里さんです。
「ライオンキング」アンサンブル、「キャッツ」ジェミマ&ディミータ、「コンタクト」ブランコに乗る女、「クレイジー・フォー・ユー」パッツィーなどを演じていました。

他、米倉さんの梅屋トクの気っ風の良さや黒田さんの新橋の芸者っぷりなども観ていて気持ち良かったです。




nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

「ジキルとハイド」韓国版に・・・ [観劇(その他)]


ツイッターから見つけたので紹介させていただきます。
情報ありがとうございます。


劇団四季では今年の5月初旬まで「アイーダ」のラダメスや「エビータ」のペロン役で出演されていた金田俊秀さんの情報です。


韓国版「ジキルとハイド」の公演情報ページへ
http://www.playdb.co.kr/playdb/PlaydbDetail.asp?sReqPlayno=14796


「ジキルとハイド」製作発表での歌声です。
http://www.playdb.co.kr/magazine/MovieView.asp?sReqPlayNo=14796&sReqKind=017008&sReqMediaNo=26122


とっても素敵な歌声でこれだけでも感動してしまいました。
「ジキルとハイド」韓国版、観てみたいです。


nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

「オーマイ ゴッド ウイルス」 東京芸術劇場 10月1日(金)ソワレ [観劇(その他)]

SET3.jpg

劇団スーパー・エキセントリック・シアター 第48回本公演
ミュージカル・アクション・コメディー
「オーマイ ゴッド ウイルス」  東京芸術劇場・中ホール

作:大沢直行 演出:三宅裕司
出演:三宅裕司、小倉久寛、劇団スーパー・エキセントリック・シアター


仕事場に近いので勤務後に行ってきました。

SETの公演は今回で2回目です。
以前初めて見た時は楽しくて大笑いして帰ってきました。

さて今回の公演は??

”ミュージカル・アクション・コメディー”という名の通り、歌・アクション・ダンス・笑い満載でした。

カテコの三宅さんのご挨拶では「劇団を立ちあげて31年目で原点に帰ろうということで、ミュージカル・アクション・コメディーと頑張りましたが、年も年なので、さすがにきつくて今すぐにでも寝られます。」みたいな事をおっしゃっていました。

それもそのはず、終盤の大盛り上がりの時は皆さん大立ち回り、バック転に側転!!(小倉さんも側転してました)凄かったです。

エンゼルダンスも笑えます。
童謡の「ふるさと」もしっとり聴かせてくれると思いきや・・・???
これまた笑ってしまいました。
三宅さんから何かが産まれて(?)くる時の動きは必見(笑)
色んな民話のヒーロー、ヒロインが沢山出てきてコスプレ好きにはたまらない(笑)

ストーリーは?というと、簡単に言えば天使と悪魔の戦い?

人間の善と悪、実は天使は悪魔で悪魔は天使?

よくよく考えてみたらとっても奥の深~いお話でした。


休憩なしで2時間10分ぶっ通しでしたが、見どころ&聞きどころ満載の楽しい公演でした。


SET2.jpg

SET1.jpg






ミュージカル『エリザベート』9月28日(火)ソワレ [観劇(その他)]

東宝系にはまったく疎いので観劇記録として残します。
レポではありません・・・・


エリザベート.jpg

2エリザベート.jpg

<キャスト>

エリザベート(オーストリア皇后)Wキャスト
朝海ひかる/瀬奈じゅん

トート(死の帝王)トリプルキャスト
山口祐一郎/石丸幹二/城田優

ルイジ・ルキーニ(皇后暗殺者)
髙嶋政宏

フランツ・ヨーゼフ(オーストリア皇帝)
石川 禅

マックス(エリザベートの父)
村井国夫

ルドルフ(オーストリア皇太子)トリプルキャスト
田代万里生(初日~ 9/5(日)) /伊礼彼方(9/6(月)~10/3(日)/浦井健治(10/4(月)~千穐楽)

ゾフィー(皇太后)Wキャスト
寿ひずる/杜けあき

ルドヴィカ ( エリザベートの母 )  Wキャスト
阿知波 悟美 ( 初日~ 9/5( 日 )) /春風 ひとみ (9/6( 月 ) ~千穐楽 )

エルマー
岸 祐二

マダム・ヴォルフ
伊東 弘美

リヒテンシュタイン伯爵夫人
小笠原 みち子

ヴィンデッシュ
河合 篤子

ツェップス
広瀬 彰勇

グリュンネ伯爵
治田 敦

シュヴァルツェンベルク侯爵
阿部 裕


初エリザベートです。
何の知識もなく観てきました。

もちろんのこと他のトートを見ていませんが、山口さんが一番トートに合っているような気がします。
城田さんは背も高くてビジュアル的にもいいかと思いますが、ちょっと若くて”死の帝王”の迫力がどれだけあったのか興味ありますね。石丸さんの歌が多分一番よさそうだけど、やっぱり”死の帝王”ってイメージより私の中では王子様なのでどうかな・・・って。
トートの歌は常にエコーがかかった感じなので山口さんの高音はちょっと苦手なんですがトートでは全然気になりませんでした。

朝海エリザベートですが、宝塚にはこれまたまったく疎いので現役時代のことは全然存じていません。この方は元男役トップスターだったのですね。
歌の方はきっと男役での歌い方が身についていてなかなか女性らしい声を出すのにまだ慣れていないような気がしました。(すみません、これは私のまったくの推測です。)
オーケストラに歌声がかき消されてしまってちょっと残念でした。
それにしても朝海さんってお顔が小さくて目も大きく見ていたらなんだかオードリー・ヘップバーンさんに顔つきが似てらっしゃると思ってしまいました。
「ローマの休日」なんかいかがでしょうか?

フランツ役の石川さん、最初の方は宝塚の方が男装してるのかと見間違えてました^^;
最後のエリザベートとのシーンでは目を潤ませていたのが印象的でした。
石川さんいいですね。

高嶋さんもミュージカルの舞台を初めて拝見しました。
私はどうしても四季の舞台と被ってしまうところがあって、2幕の冒頭ではソンダンのトプシーのクロパンかと思いました。
役としてはエリザベートを暗殺した役ですが、終始「エビータ」のチェのような案内役で重要ですよね。でも高嶋さん、器用にこなされていました。四季で言えば阿久津さんあたりが出来そうかな・・・・

それとずっと勘違いしていましたが、オーストリア皇帝・フランツの母(ゾフィー)は阿知波さんがダブルキャストだと思っていましたが、阿知波さんはエリザベートの母のルドヴィカだったんですね。でもゾフィーも出来そうですよね。ルドヴィカは見ていませんが、ゾフィーのほうが合っている気がしました。

あと、ルドルフ役の伊礼さんはハーフのお顔だちでこれまた四季の舞台で考えると「春のめざめ」のメルヒオールって合いそう?とか、村井さんはさすがに安定してるわ・・・とか。

カテコはすぐにスタンディングになりました。
1階席はほぼスタンディングでしたね。

最後に2回くらいトートとエリザベートが手をつないでお二人で出られましたが、幕が降りるのに合わせてしゃがみながら一生懸命に手を振ってくださったのがすごく嬉しかったです。


帝劇は有楽町線一本で帰れるので結構便利なんですが、S席は13000円するので、気軽には行けませんね。

でもたまには四季以外のお芝居やミュージカルもいいですね。それぞれの良さを発見できます[るんるん][るんるん]





nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

「ジキルとハイド」ブロードウェイ版 その① [観劇(その他)]

先月BShiで放送していた「ジキルとハイド」ブロードウェイ版の動画を見つけました。


「Someone like you 」





「A New Life 」




この女優さん、可愛いし、歌も凄いですよね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

「キャンディード」帝国劇場 6月2日(水) [観劇(その他)]

ジョン・ケアード版 ミュージカル「キャンディード」を観てきました。


【キャスト】
ヴォルテール&パングロス  市村正親
キャンディード  井上芳雄
クネゴンデ  新妻聖子
マキシミリアン  坂元健児
マーティン  村井国夫
老女  阿知波悟美
ヴァンデルデンデュール  安崎求
パケット  須藤香菜
カカンボ  駒田一


【アンサンブル】
阿部よしつぐ/石井雅登/伊藤俊彦/大澤恒夫/小西のりゆき
中井智彦/野島直人/藤田光之/水野栄治
亜久里夏代/稲田みづ紀/井上珠美/折井理子/さとう未知子/鈴木智香子
【アンサンブル・スイング】
寺元健一郎/西村寿彦/藤村はるか/麦谷八絵


友人から誘われるまま話の内容も出演者もあまりチェックせず観に行ってきました。

帝国劇場は数回来ているので少しは雰囲気に慣れましたね。
いつも四季劇場ばかりなので最初は他人の芝生に入りこんだ気分でしたけど・・・・

市村さんが出演されているので奥様の篠原涼子さんも観にきていました。
テレビで見る雰囲気とそのまんまでした。
演出家のジョン・ケアードさんもいらしていました。

さて、内容ですが、一言で言えば井上さん扮するキャンディードの旅の物語です。

哲学的な旅というか幸せ探しの旅というか・・・
劇団四季の演目でいうと「ドリーミング」のようなもの。
まったく知識のないまま見たので最初はシリアスな話かと思っていましたが、そんなことはなかったです。

台本通りなのかアドリブなのかは初見なのでわかりませんが、皆さんところどころで笑いを取ってました。

四季とは違ってちょっとラフな感じなところに、東宝さんもたまにはいいかなって思います。


新妻さんがあんなに歌がお上手とは思っていなかったのでびっくりしました。
上智大学の法学部ご出身のようですが、音大で声楽を勉強されたのかと思うくらいお上手でした。

パンフレットを購入していないので曲名はわかりませんが、新妻さんのソロがオペラ調の歌だったんですが、声も綺麗だし、表情豊かでとっても素晴らしかったです。

井上さんも相変わらず素敵でした。
四季には居ない貴公子的なタイプですね。
ハムレットとか出来そう。


阿知波さんの老女が自分の不幸話をするシーンには引きこまれてしまいました。

元四季の坂元さんのおかまチックな喋りもツボでした。

それと、最初アンサンブルで可愛い男の子がいるわ・・と見ていたんですが、幕間でパンフを見て雅登さんと気付きました。あ!!!雅登さんだったのね。

2幕では雅登さんもしっかりチェックしました。少しソロ部分もあるので結構目立つ役だったと思います。
お元気で舞台に立っていましたのでとっても安心しました。


このお話とっても哲学的だったんですが、行きつくところは結局同じかな?

人間て自分の望みが叶ってしまうとあとに残るのは虚脱感。
人生に満足しちゃダメだってこと。


なので自分の今を考えてみると、足りない生活もいいかなって思いました。


正味3時間という長いミュージカルで多少疲れましたが、最後まで飽きずに観ることが出来ました。
とっても面白かったです。





nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇
観劇(その他) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。